担当チームはクライアント様の理解を深めていくために原則として同じチームです。